Poster Sessions

発表資格/Eligibility

人間の安全保障に関心がある、JAHSS会員の学生及び研究者個人
Students or Researchers who are members of JAHSS
 

テーマ/Theme

今後の人間の安全保障の課題――国連総会決議66/290を経て――
(1) 安全保障部門
(2) 開発部門
(3) 人権部門
 
Future and Challenges for Human Security: After A/RES/66/290
(1) Security Section (related to Freedom from Fear)
(2) Development Section (related to Freedom from Want)
(3) Human Rights Section (related to Freedom to live in Dignity)
 

趣旨/Outline

2012年に国連総会決議66/290がコンセンサス採択されて以降、人間の安全保障に関する議論はほぼ収斂された。しかし、人間の安全保障概念の重要性が直感的に広く認識される一方で、誰による誰の為の「人間の安全保障」なのか、何を以て「人間の安全保障」が満たされたと言えるのかなどといった見解は、論者によって大きく異なるのが現状である。その様な状況を与件とした上で、人間の安全保障研究は今後どうあるべきなのか、あるいは、実際の現場においてこの考え方をどう活かしていったらいいのか。今回のポスターセッションでは、こういった人間の安全保障の今後の課題について議論していきたい。
言うまでもなく、人間の安全保障が対象とする領域は非常に広範である。そこで上記の趣旨でポスターを募集するにあたり、66/290決議パラグラフ3(c)を参考に、便宜上、「安全保障」「開発」「人権」の3部門を設けることとする。これら3つの領域は、人間の安全保障の構成要素である「恐怖からの自由」「欠乏からの自由」「尊厳を持って生きる自由」にそれぞれ対応しており、3部門それぞれの既存理論からアプローチすることも、人間の安全保障概念を用いて実際の現場を眺めてみることも可能である。もちろん、同決議や『安全保障の今日的課題』などで既に示されている通り、これら3つの領域は相互に連関しており、どちらか一方のみに着目しても、もはや人間の安全保障に対する脅威を解決することが出来なくなっている点も留意すべきである。その上で発表希望者は、この3部門のうち自分の専門に近いものを一つ選択して、上記趣旨に引き付けた発表タイトル及び要旨を提出して頂きたい。
 
A controversy over human security has converged since the A/RES/66/290 resolution was adopted by consensus in the United Nations General Assembly in September 2012. It is true we intuitively recognize the importance of human security, but actually many scholars respectively have quite different views on human security: for example, (1) what for, (2) by whom, and (3) how to evaluate. In keeping with this fact, what human security studies in the future should be? Also, how could we rather practice than apply this concept in the real field? This poster-session will discuss such challenges of human security.
By the way, this poster-session is divided into the following three sections: (1) Security Section, (2) Development Section, and (3) Human Rights Section. Each section is connected with the elements of human security, which are freedom from fear, freedom from want and freedom to live in dignity. When you fill out an application form, please also choose one section of three which is near your specialty, and then please submit a title and an abstract related to the section.
 

発表言語/Language

ポスター及び口頭発表は、日本語もしくは英語で行う。
Japanese or English
 

応募方法/Application

2015年9月30日(水) 23:59までに、本フォームから申し込む(締切厳守)。
Candidates should apply to this form by 23:59 of 30th September 2015.
 

査読/Peer-Review

人間の安全保障学会理事会が、申込者の査読及び選抜を行う。
The titles and abstracts which candidates submitted will be peer-reviewed by the Council of JAHSS.
 

採否通知/Notification

2015年10月末までに、応募者全員に採否結果をメールで通知する。その際、採用者にはポスターの規定や当日のコアタイムなどの詳細を伝達する。
By the end of October, all candidates will be notifies of the result by e-mail.